降圧剤の購入方法

患者を話す医者

降圧剤は血管を拡張して血圧の低下を目指す治療薬で、高血圧や狭心症、その他にも動脈硬化などの予防として使用されます。
本来であれば生活習慣の改善によって血圧をコントロールしますが、それでも効果が見込めなかった場合のみ、医師の処方によって購入することができます。
治療で使用される降圧剤の種類は一般的に、カルシウム拮抗薬、β遮断薬、利尿薬、ACE阻害薬、ARBの5種類が使用され、患者の症状や既往症、基礎疾患によって選択され、用法や用量を変更して使用するものです。
効果があまり見られない場合はその他の治療薬なども併用することがあり、使用方法を間違えると血圧が下がりすぎたり、命に関わることもあるので注意が必要な治療薬となっています。
副作用のリスクが高く、正しく使用しないと安全性が認められないので、医療用医薬品となることから、近所のドラッグストアなどには降圧剤は置いていません。

購入方法は病院からの処方か、海外からの個人輸入による処方箋なしの入手となります。
個人輸入は自分が使用する範囲内で1ヶ月分の購入であれば、厚生労働省でも認めているため薬事法に抵触することはありませんが、副作用などの問題は全て自分の責任となるため注意しましょう。
また、降圧剤の場合は用量が難しいため、医師の診断を受けなかったり、相談も無しに使用すると大変危険な薬です。
個人輸入は悪質な業者も多く、偽薬を販売するところもあるので、リスクを負いたくないのであれば、病院の処方で購入するようにしましょう。
個人輸入であれば処方箋の料金もかからず、場合によっては安く済むこともありますが、高血圧の治療で使用するのであれば、健康保険も適応されるはずなので、病院で治療を受けても安く済むはずです。

関連記事